遺産相続Q&A

血のつながりのない戸籍上の実子の相続権は?

亡くなった主人の遺産について、先日、主人のお兄さんから連絡があり、法定相続分をよこせと言われました。

私たち夫婦には戸籍上子が一人おりますが、実は血のつながりはなく、私たち夫婦は子宝に恵まれなかったため、主人のお兄さん夫婦の子供が生まれたとき、頼み込んで私たちの子供として届けを出したのです。

お兄さんは、戸籍上は子となっているとは言え、実際には子ではないのだから、自分に相続権があるはずだと言い請求してきました。

もし仮に実の子としての相続権が認められなくなったとしても、そうなった場合はせめて養子として認められるのではないかと思うのですが、どうなのでしょうか?

お子さんに相続権はありません

戸籍の届けをしていたとしても、その届けが事実に基づかないものであれば無効となります。戸籍の記載が事実と異なる場合、事実が優先します。

養子として認められるかどうかについてですが、法律の解釈上、出生届が無効になることで、その届けを養子縁組の届けとみなすという考え方がありますが、養子縁組の方式が法律で厳格に決められていることを理由に、裁判所はこれを否定しています。

よって、お子さんには相続権がないという結論になります。

ご主人が生前に遺言を残すという方法であれば、お子さんに遺産を残すことも可能です。このケースでは法定相続人が奥さんとお兄さんということですから、お兄さんに遺留分はありませんので、遺言を残せば奥さんとお子さんに2分の1ずつ相続させ、お兄さんには残さないとすることも可能です。


遺産相続Q&A一覧に戻る

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

遺産相続 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留