遺産相続Q&A

借金も相続すると聞いたが本当?

父が亡くなってから数日後、消費者金融会社から父あてに請求書が届きました。

連絡して父が亡くなったことを告げると、借金もマイナスの財産として相続するとのことで、住民票等を確認した上で後日改めて連絡するとのことでした。

借金もマイナスの財産として相続するというのは本当でしょうか?

借金は相続するが、相続放棄すれば支払い義務なし

はい。借金もマイナスの財産として相続するというのは本当です。相続というのは被相続人の権利義務を承継するものですから、権利だけ引き受けて義務を引き受けないというのでは不公平になります。ですから借金はマイナスの財産として相続することになります。

財産の方が借金よりも多い場合は問題ありませんが、借金のほうが多い場合、相続人は損をすることになります。そこで、そのような場合は裁判所に申し立てることで相続放棄することが出来ます。

相続放棄はプラスの財産もマイナスの財産も全て放棄する手続きのことで、借金のほうが多い場合はこの手続きを取るのが良いでしょう。ただしどちらが多いのかすぐに判断のつかない事もよくあります。その様な場合は限定承認の手続きを取れば、財産の範囲内でのみ借金を支払うという相続が可能です。

とは言え、限定承認は共同相続人全員が共同してする必要があり、相続人の一部のみが申し立てるという事は出来ません。全員の同意が得られない場合、相続放棄も限定承認も3ヶ月以内に手続きをしなければなりませんので、早急な財産調査が必要です。


遺産相続Q&A一覧に戻る

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

遺産相続 遺産分割Q&A 遺言Q&A 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合 帰化 在留